" African Vintage Indigo Fabric Fair " ☆

原宿のTHE COMMON TEMPOにて、12月2日(水)〜12月8日(火)までVINTAGEのアフリカンインディゴファブリックフェアを開催します☆

f:id:hynm_tamtam:20151203103429j:plain

まずは、アフリカンインディゴファブリックについて☆

 

人類最古の染料の一つと言われ、西アフリカにルーツを持ち、その歴史は古代エジプトやアフリカの古代文明にまで遡る。
トゥアレグと呼ばれる西アフリカの遊牧民にとっては、インディゴで染められた衣服は裕福な証として定着していた。
中でもマリのマンディング、ナイジェリアのヨルバはその技術の高さで良く知られ、今日でも伝統的な染物屋で生産が続けられている。
半世紀から1世紀前に木の枝より作られた織り機で織られたコットンファブリックをインディゴ染めし、10㎝幅の帯布をはぎ合わせて一枚の布に仕上げています。

1世紀の時を経たファブリックは唯一無二のヴィンテージアイテムとして、コレクターの間で非常に人気があります。

 

うむ、、、インディゴ染め、深いです☆

自分も全部チェック出来て無いですが、どれもこれも雰囲気バツグンで、破れやダメージなんかもまさにアジです。

 

ラグにもなりそうな大きいサイズはそうそう無いと思います☆

この機会に是非!!オススメです。